09月≪ 2018年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018.10/03(Wed)

たそがれかぜにちろうとも 

お久しぶりです…。
何ということでしょう。とうとう見事に1年も留守にしてしまったとは…。新記録更新です…。
前回の記事を書いてからそれはもう色々あったのですが、ネタにしようと思っていた事ごとが多すぎて何から書いたらいいのかわからない。
一気に書くと支離滅裂になりそうなので、追い追い1つずつ書いていくことにしようかと思います。
一次創作の方はここよりかは更新しているので、生存確認用にはこちらをどうぞ…

とりあえず久々に、トップ絵変更・イラスト追加、MIDIページにファイアーエムブレム Echoes「在りし日の唄」を追加しました。
耳コピするのも久しぶりでしたが乗ってくると楽しかったです。でも原曲の特に開始部分が再現できなかったし、ノリで色々ごまかしているので雰囲気でお聴きください。そしてコーラスは歌ってください(?)
(※が、久々に視聴してみたらついにどのブラウザでも再生できなくなっていた…⁉︎これは何とか手を打たないと…できればスマートフォンからでも再生できる方法を探してみます。)
Echoesで一番気に入ったBGMでした。ファミコン音源からよくぞこのアレンジを!という感があります。
ラスボス戦BGMの「神々の黄昏」とかもそうですが、全体的に原曲の時点でもカッコいい曲を、変にいじらず正当にグレードアップしている感じで理想のアレンジ集だなあと思いました。
イラストはここに使う落書きのつもりで描き始めたのですが無駄に時間かかりサイズも大きくなったので、ついでに本部トップ絵に置き換えました。結果オーライ…?

よし、じゃあ今回はmidiでとっかかりができたのでFE Echoesの感想話を書くことにします。

在りし日のドーマとミラ
♪〜星空の海渡る汚れなき翼

今年、発売から1年遅れで買って思い出し思い出し進め、先日ようやくエンディングを見たのでした。ユニットが育っていないのでエンディング後の6章はまだ進めていません。
自分はFEには覚醒から入り、新暗黒竜、新紋章の謎、聖魔の光石、ifとやってきたのですが、その中ではストーリー的・個人的にはEchoesが一番、世界観設定や地理風土、話の流れが把握しやすくて面白かったように感じました。
特にバレンシアでの竜と人間との関係性、竜社会でのミラとドーマの立ち位置とかがよくわかってなるほどな〜と思うことがあった。
だいたいの他タイトルの味方ユニットにマスコット的な言動が幼いマムクートがいたり、一作前のifでの竜(カムイ、ハイドラ、リリスとか)の行動原理や性格がことごとく???って感じだったり、3DS作の覚醒とifの世界での竜信仰の描写がフワッとしていたので、ファイアーエムブレムの竜ってなんなんだ?ただの便利な萌え要員兼舞台装置か??という印象が強くなっていたのですが、今作で認識が改まりました。
一応毎作で多少説明はあったけれども、竜は年をとると必ずボk…狂ってしまう種族になっちまったので、いよいよ人の手に負えない状態になった時に勇者にファルシオンで殺してもらうという大変なシステムをナーガが作ったと。
バレンシアには生きている竜はドーマとミラしかいない上に、2人とも神として完全な信仰対象になっているため、よりわかりやすかったです。
竜がなぜ人間をそんなに手厚く保護しようとするのか、その辺の感情はよくわからないのですが、人間が猫を猫可愛がりするようなものだろうか(?)
人間はもう神から親離れして自律しつつ進んでいこうというテーマも前向きでいいですね。ただもうちょっとましな方法はなかったんかと思うところが無くもないけども。

システムは他作とまた全然違っていて初めはびっくりしましたが、慣れれば意外といいかもしれない。
武器の3すくみがない、武器の消耗がない、弓に飛行特効がなく近接攻撃可能、力も魔力も全てATKで統一というのはわかりやすく楽ではありますね。
原作であるFE外伝は未プレイなのですが、何を思ってこうも前作までから大幅変更したんでしょう。差別化のため?にしてもなかなか思い切れるものではないと思う。

あと、声優さんもいい仕事をしていると感じました。
自分はゲームのフルボイス化はイメージを限定されるし、テキストに音が追いつくのを待つのがじれったく感じるし、熱い演技には妙に照れるし(何故だ)で、あまり好きではないのですが、今作はフルボイスが効いていたと思います。ストーリー部では特にアルムとベルクト。
アルムには結構なシャウトな演技が度々必要とされる物話でしたが、さすがカネキ(東京喰種)を演った方、無理してる感がなくて自然だったので自分も聞いていて照れるようなこともありませんでした。
ドーマの最期の「妨げるでないぞ…」も、「妨げるなよ、愚かな人間どもよ」みたいな感じでなく「妨げるでないぞ…?(微笑)」のような穏やかな口調だったのも、テキストから受ける印象とギャップがあり、そうかこれは恨み節ではなく安らかな境地なのか…という気付きにつながるいい演技だな〜と。
他にはコンラートお兄様のキャラの変わりっぷりにも笑ってしまった。レオもわざとらしい感じじゃなくいい味出している。こういう変キャラに弱いです。

いや〜しかし、道を誤ったキャラクターを見るたびに「これは未来の自分かもしれない」と考える変な習慣がついているせいで、敵役の末路も他人事ではないと感じてしまいました。
フェルナンとかベルクトのような状況はわりと身近なところにありそうな気がするし。
もしある日突然認知症にでもなって、それでめちゃくちゃ暴力的な性格に急変とかしてしまったら、しかも自分ではおかしくなったことに気づいていなかったらどうしたらいいだろうという点では竜族の境遇も他人事ではない…先のことはわからないし…。

アルムもセリカも優等生的ないい子であった。
2人とも若さゆえの視野の狭さと思慮の浅さがちょいちょいあったけれども、それもかわいいものである。とか偉そうに書ける程度には年を取ってしまった自分。
元の外伝ではドーマとミラが神竜族だということは匂わせる程度にしか描写がなく、ミラの登場もなかったというし、今作にどれだけ補足説明要素が追加されていたのかはわからないのですが、なるほど従来のFEファンが覚醒やifを批判したくなる気持ちもわかるな、と思った作品でした。
今後もこういう世界観西洋中世感がしっかりした脚本での展開を望みたいですね。ifの再来はもう二度とね…。
今は風花雪月の続報が待たれる。


前の記事に沢山の拍手とコメントどうもありがとうございました‼︎驚き励まされました。
実は以前、更新してすぐ後に修正しようと編集に戻ったら既に拍手が入っていたのを見て仰天したのでした。どなたか存じませんがありがとうございます、こんな気まぐれ更新で申し訳ない気持ちとありがたさで何といっていいやら…
1年越しながら追記にコメントのお返事です…!届くことを願って!
EDIT  |  19:26 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2016.09/03(Sat)

みるとあのこをおもいだす 

9月!今年も夏が終わってしまいました・・・
少し前の学生の身分でいたときは夏が一番好きだったのですが、最近はそうでもなくなってきつつあるような気がします。
やっぱり1ヶ月も夏休みがあったのとそうでないのとの違いでしょうね。それと近年のあまりにもな猛暑。
仕事始まってから私服らしい私服も着ず、朝から晩まで冷房が効いた室内で過ごす毎日なので季節の移り変わりを感じにくいせいもあるんだろうな。
せいぜい夜の帰り道の風のにおいと湿度で感じるくらい。
今はちょっと肌寒いくらいの秋が恋しいので、長めの学生時代を経て人に遅れてようやっと大人が秋が好きという気持ちを理解できるようになったのかな~としみじみします。

yamidna.jpg
ミドナには闇遊戯みを感じている

ゼルダ新作や30年記念の話題が熱い今・・・本当今更ですが、いつだったかさえ忘れた発売日に買ってから開封もせずに積んでいたトワイライトプリンセスHDをときどき進めるようになりました。
グラフィックは良くなってるんだろうなーというくらいでそんなに違いがわからないのですが、それより衝撃を受けたのが世界がWii版のと左右反転であったこと!
半端にマップの記憶があるおかげでチュートリアルから混乱しまくっています。
それに伴って、Wii版で自分が遊んでいたものはオリジナルでない反転世界だったのか・・・というショックも地味にきました。
そうだよな・・・ワールドマップが時のオカリナのと対応してないなと思っていたんだったし・・・。
あとやっているとリモコン+ヌンチャクのコントローラーが無性に恋しくなってきます。じっと両手でパッド握ってないで腕を振りたい(笑)
当時の自分は特に気にしてもいなかったことが、ずっと後になって実は好きだったんだなとわかることが最近多くなりました。

ミドナについては今からプレイする人はすっかり正体を知って始めているだろうし、ゼルダ無双でも姫川版コミックスでももはや伏せる気もないどころか最初から公表してますが、当時は正体判明時もエンディングも衝撃だったなあと思い出します。(それにしても無双はやりすぎだろう・・・!)
ハイラルヒストリアで時系列が発表される前までは、ミドナと再会したい一心でトワプリリンクが、神々のトライフォースでの闇の鏡(闇の世界にワープできるあれ)を発明したとかかと想像していましたよ・・・最初転移して動物に変身するところまで同じだし。
上の落書きは遊戯王バトルシティ編の闇遊戯の1コマのパロディだったんですが、なじみすぎて言わないとわからないですね。
マイナス印象な出会いから始まったというのに、プレイした人と話していると男女問わずみんなミドナ好きと言っていたので、そこに愛されるキャラ作りの何らかの鍵があるのではないかと思っています・・・。

この話題にかこつけて昔話を覚え書きでもしておこうかな・・・
ミドナを見ると私はいつも小学校時代の友達Mちゃんを思い出します。
かなり小柄で、性格や口調やニヤッと笑った表情もミドナに似ていた子でした。
一匹狼な性格だったので親しい友達は少なかったようでしたが、運動神経がよく連続バック転も宙返りも朝飯前だったMちゃんを素直に尊敬の眼差しで追っていたせいか変わり者のよしみか、自分とは結構仲良くしてくれていたなあと今になって思います。
お互い絵や漫画を描くのが好きだったので入ったクラブが同じだったり、憧れるあまりその子が通っている体操教室に通い出したり、放課後一緒に県の体操発表会でやる技の練習をしたり、楽しかったなーと・・・。
小学校卒業と共に隣町に引っ越したのでそれから会うことはなかったのですが、高校の頃に毎年絵や何やらを出品していた県の美術展でその子も絵を出品してあったのを見て、ああまだ絵を描いているんだと嬉しく思ったものでした。
今はどこでどうしているんだろう。元気に過ごしていることを願います。
またいつか同窓会とかで会えたらいいなあ。


前の記事に拍手どうもありがとうございました!来てくださっている方があることに驚きです・・・感謝!
追記にコメントのお返事です。じゃんだら琳さんありがとうございました~!^^
EDIT  |  16:31 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2016.03/28(Mon)

しかせんべいとケツランス 

早3月も終盤、忙しさの峠は越えて一安心です。
来月入ったら新人歓迎会です。1年前は芸の準備で不安ばかりでしたが、当事者でなくなれば気楽なもんだ!
まあ自分の部署には新人来なかったので、立ち位置としては変わらず新人感覚のままなのですがね。
4月は習い事のイベントもあったり、月末から長めのGW休暇が始まるので楽しみです。

               upset1.jpg
      upset2.jpg
upset3.jpg
upset4.jpg
暗夜から始めたらアクアのイメージはこんな感じで固定されてしまった

忙しい頃に描いた落書きを今更使ったら、感情が伴わないので特に書きたいことがない・・・。
ので無理やりif話でもします。本当に今更だなあ!一応ネタバレあり。

アクアは作中・ムービー・支援会話での扱いそれぞれが別人のように感じるので、今でも実際どういうキャラなのかはよくわからないままでいます・・・。
先日公開のDLCは買おうかどうか考え中でノータッチです。やれば何か新しい事実がわかったりするのなら気になるけど、それも覚醒組の話のような取って付けたような説明だったらがっかりだしなあ。もし気が向いたらやってみるとして。
たぶんキャラ付けのちぐはぐ感は、ゲームデザイン側・音楽側・シナリオ側での見せたい部分が違っているからじゃないかなあと感じます。
ムービーで儚げに描いておきながら性能的には儚いのはHPだけで攻撃寄りのアグレッシブタイプ、シナリオと支援会話ではテンション低めでクールかと思いきや主人公を叱咤激励するトレーナーキャラ・・・
アクアと主人公がポケモントレーナーとポケモンのような関係に見えてならなかった。
とはいえ、売り込みたかったであろうイメージよりはおもしろいのでこれはこれで。

竜の資料目当てでスマブラカムイDLしたら、竜姿のフィギュアがあるのはWiiU版だけでガッカリだよ!
男と女でちゃんと地味に鳴き声が変わっていました。あのあまりきれいとは言えない鳴き声が(笑)
主人公の竜のデザインは個人的には好みではないですが、顔がないのや手足の立ち方や変身前の襟がそのままあったりするのがおもしろいですね。
だが物語の要であるはずの水属性感が感じられないのはそれでいいのかねとも思います。覚醒での竜のデザインの方がシードラゴンモチーフだけあってまだそれっぽいくらい。
透魔竜も、ハイドラという名前をそのまま使うんならばせめて多頭だとか蛇っぽいとか水属性らしさとかどれかを要素に入れるべきではないのか・・・もはや主人公竜との関連性さえ見当たらないし。
外見で予想がつくのを防ぐため?にしても主人公竜やリリスと似てなさすぎて例の事実の後付け感を助長する要素になってしまっている・・・。
暗夜竜は出たけど白夜竜は姿を見ないままで終わるし、三竜の関係性はよくわからんし、何より主人公とその子供やハイドラのせいで作中で神であるはずの竜にいまいち知性を感じない(そういう病気とは知ってはいますが)。そして飛竜がただの馬扱いの理由の説明もない・・・
わざわざ剣と魔法と竜の世界と強調するくせにこのぞんざいな扱いはないだろう!
シナリオはたしかにひどかった。でもこの辺がしっかりしていてくれれば謳い文句には目をつぶれるのになあ。支援会話や個々のキャラの掘り下げは細かいのに。
って前した話を繰り返してますね・・・

ところでifの情報を初めて見たときに近年出たこれこれを思い出していました。
後者と主人公の設定似てんな~と思っていたら声優もifの男主人公と同じだったのか。インテリジェントシステムズの対抗意識のようなものを感じる。
あと主人公を男・小、僕口調、名前をミハイルにしてゼロと支援を組めば前者のゲームごっこができますね・・・


前の痛い記事に拍手ありがとうございました!前のように更新したいのに気がついたら数週間!
名探偵ピカチュウ予約DLさえしていたのに、トライフォース三銃士DLしているのに、トワイライトプリンセスHDが発売日に届いているのにどれもまだ起動もしていない!
もうこんな時間だけどこれ書き終わったらトワプリやってみよう・・・
あ、そのくせMiitomoは始めました・・・やるつもりはなかったのですが職場に意外とやっている人が多かったので誘われて・・・
ゲーム専用機に手が伸びづらいのはやはりスマートフォンの手軽さのせいもあるのかと改めて実感する。

mob.png

EDIT  |  00:16 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2016.01/11(Mon)

2015よまってくれ 

明けましておめでとうございます・・・なんということだ・・・。
前回の更新の決意も一年最大の時事も何もあったもんじゃないまま2016年に突入してしまいました。
一々の記事に内容を詰め込もうとするのがいけないんですね・・・ただでさえゲームをしないものだから書くこともなくなっているし・・・!
せめて内容が落ち無し意味無しでも何か描いていくようにしようと思います。
こっちが止まっている間も一次の方では更新していたりするのでよければそちらでも覗いていただければ・・・。


細々とゲーム話・・・・・・

ポケモン超不思議のダンジョン、メインストーリーは一旦クリアしました。
前回の更新の後すぐにラスボスは倒せました。連係攻撃の存在をすっかり忘れていた!
それからエンディング→スタッフロールの流れですが、意表を突かれておもしろかったです。
発売からも大分経っているということで以下ネタバレ入ります。


aibo.jpg
あまり違和感ないチコリータ

伝統だった主人公とパートナーの関係性の逆転!
エンディングから主人公が去る気配もないと思ったらこうきておおっとなりました。
あの主人公が!いつも涙を見せずイケメン笑顔でパートナーに別れを告げて消える主人公が!泣いた!
主人公が相手に置いていかれるラストってつらいですね。
1匹で行動する主人公が未亡人のようだ。

それで今は単身、なつかしのネイティオに「相棒はどこだ!言え!」と迫ろうとしているところなのですが、やっぱり何か自分の進め方が悪かったのか、地面タイプの全体攻撃の餌食になりやすい炎タイプなせいなのか、主人公がレベルが低すぎ(27)ていっこうに進めません!
進化すれば多少マシになるのかもしれないけれどそれはしたくない。したとしても地面1倍のリザードンにもまだなれないし。
前作に続いて今作も待機メンバーの全員に経験値が入っているはずなのにどうにもレベルが上がらない。
依頼も現時点では到底クリアできないレベルのものしか残っていないし。
こういうときはどうすればいいんでしょう?高レベルなメンバーでただ探索して経験値を稼ぐしかないのか?
今作すばやさ(回避率)まで導入されてしまったせいか結構しんどいです。これまで苦労した覚えはないのになんでだろう。
もちろんこのまま投げたりはしませんが、ああ、相棒を取り戻せるのはいつの日か・・・。


ヒエーッ!!!前の記事に拍手どうもありがとうございました!
失望させてしまったであろうに申し訳ありません!
そして年賀状くださったお方、どうもありがとうございました・・・!嬉しい驚きでした^///^

もうそろそろいい加減トップ絵どうにかしたいですね・・・!一体いつからあのままなんだ!?

EDIT  |  21:33 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2015.12/05(Sat)

ながいるすよりいざもどる 

ああ!なんということか・・・2ヶ月も留守にしてしまうとは!!
こんな所に足を運ばれている方はもはやおられるのかわかりませんが、お久しぶりです!
生きております元気です!
今月に入ってようやっと8月中頃から続いていた毎日帰宅後の絵の課題が終了したので、また好きに落書きできる日々が戻ってきました!ヤッター!長かった!
ほぼ毎日、遅くに帰ってきてからさらに睡眠時間を削ってやっていたわけですからそりゃあしんどかったですが、おかげで仕事の方にも手応えを感じられるような力がついたのを感じます。
よく続けられたもんだ。苦労は体力がある若いときにしておかないとですね。
といっても今のところ趣味の絵の方には全くと言っていいほど活かせていませんが、これから自習も兼ねて練習になるような絵も描いていきたいなと思います。

followme.jpg
君と行く物語

前回の記事でプレイメモを残していこうなどと書いていながら、もうずっとゲームに触れていませんでした・・・。
ポケモン超不思議のダンジョンは特典目当てにわざわざポケモンセンターで予約していたので、発売日に手に入れてからちびちび進めていたのですが、もう1ヶ月以上放置していて実はまだエンディングを見ていません!
いや・・・ストーリー上での最終ボス戦までは来ているのですが、特に急がず寄り道しつつのプレイだったにもかかわらずレベルがたった27しかない状態で挑戦することになってしまったため、圧倒的体力・オレンの実・復活のタネ不足でほぼ詰んだ事態に陥ってしまい・・・。
確か探検隊のときにもこんな感じでしたが、それでもレベルは34くらいあったような気がするのに。
最終ダンジョンを可能な限りうろつきまくってアイテムと経験値を回収して臨む方法をとるしかなさそうですね・・・。
まあ気合いでなんとかなるような気がしないでもないので、近々進めようと思います。

話が後先になりますが、やはり今作も主人公はヒトカゲ、パートナーはチコリータで進めています。
性格診断結果はこれまでの「ゆうかん」ではなく「がんばりや」でした。
なんと面白みのない結果であることよ!能力補正無しとは!(※本作では関係ないです)
過去作のキャラがたくさん登場すると聞いていたので名前くらいは変えようかとも思いましたがやっぱりいつもので。
ストーリーでの役割的に、パートナーが見るからに草タイプで恐竜のチコリータだったのがハマリ役で個人的に満足です。
最初オートで選ばれたパートナーはキモリだったのですが、そっちで進めてもハマっていたかも。
パートナーのアイテムによる魔法少女じみた超進化シーンには笑いました。
跳ね回って主人公にグイグイきて「おじい」呼びするチコリータはクッソかわいいですね。この大根めえ・・・。
立ち絵のヒトカゲが口を閉じた状態でも牙が見えるのと、3本か4本かで安定しなかった指の数が4本で確定していたのにおおっと思いました(細かい)

ポケモン不思議のダンジョンシリーズのおもしろいところの一つは、人間が伝説の生き物的な存在であることですね。
たとえば、本シリーズでのニンゲン=たいていのゲームでのドラゴン、とかに置き換えられるんじゃないでしょうか。
そして視点を変えれば物語的にはパートナーの方が主人公らしいこと。
普通の作品でよくある、何か不思議なアイテムや能力・魅力を持つ人間主人公が、伝説のドラゴンに出会って行動を共にする・・・みたいなのを、前者パートナー・後者主人公でいっているような印象です。
救助隊ではそうでもなかった気がしますが、探検隊ではパートナーが重要アイテムを持っている選ばれし者だったし、マグナゲートでも主人公はあまり目立たない一方でパートナーがカリスマ性を発揮していたし、今作でも役割とキャラの濃さとしてはパートナーの圧勝・・・(笑)
最近やったゲームで言うなら、FEifのカムイがパートナー、アクアが主人公にそのまま当てはめられるレベルな気が。
一応のエンディングを見られたらまた感想書きます。


留守の間にも拍手いただけていたようで・・・すみません!そしてどうもありがとうございます!
近況とかも書こうかと思いましたが・・・久しぶりに来たら何から書いたらいいのかわかりませんね。
大変なことも楽しいことも色々あった怒濤の2ヶ月でした・・・。特に11月は体感では短すぎでした。
シルバーウィークには日光へ旅行へ行ってきました。10月にも久々のバスツアーに参加してきました。
2つとも一次の方で旅行メモを書いておいてあるのでよければそちらでどうぞ。
11月には社員旅行もありました。新人の課題の宴会芸も無事クリアできたし観光もよかったし、思いの外楽しい旅行でいい思い出になりました。
ハロウィンにはパーティーに参加もしてきました・・・なんと十数年ぶりの仮装つきでした。
みんなが仮装している場では初対面の人ともお互いに話がしやすいということがわかって、なかなかおもしろい経験ができました(笑)
ドイツフェスティバルにも行ったり、母校の学園祭にも行ってきたり、大人数で「汝は人狼なりや」をやってきたり・・・
毎週どこかしらに出かけています。かつてないほどのアクティブさに自分で驚く。
明日・・・いや今日は毎年12月最初の楽しみのミネラルショーと、ついでに同会場内である爬虫類ショーに行ってきます!
次の更新ではまた戦利品の写真などを上げるかもしれません。耳コピもまた始めています。
これからはまた以前のように週1更新ができるようにしたいなーと思いつつ。
精力的に行きたいものです!よろしくお願いします。


追記に10/19にいただいたコメントのお返事です・・・遅すぎ大変失礼・・・!
湊さんありがとうございました^^
EDIT  |  02:07 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT