10月≪ 2011年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.11/30(Wed)

ここからつづくものがたり 

parting.jpg
また会う日まで・・・


29日にスカイウォードソードをクリアしました。
ん~~楽しかった!! キャッチ通り濃密でしたよ。
攻略サイトにもシーカーストーンにも頼らず突っ走ってきました。
もっと時間を掛けて進めていった方が最後感慨深かったかもしれない;;
以下ネタバレのないように感想を書いていきます。



ゼルダは新しくタイトルが出るたびに操作性や謎解きが進化してるのがよくわかります。
今作は戦闘にしても、めったやたらにボタンを押したりリモコン振り回したりするだけでは倒せない敵ばかりで歯ごたえがありました。
最初は手探りになりますが、慣れてからは駆け引きを楽しむ余裕ができます。
その他の動作も、今までのタイトルで感じてはいたものの伝統だからな・・・となんとなく納得してしまっていた不便さが解消されていて、かゆいところに手が届いた感じです。
この方が速いからと格好悪いながらも常に前転しながら進んでいたのが、それよりも速く走れるようになったおかげでなくなったり、
ツタや梯子を上るのに時間が掛かってじりじりしていたのが素早く飛び移って移動できるようになったり、
高めの崖も助走を付けた勢いで駆け上がれるようになったり。よかったです。


そんなふうに今までより活発な動きができるようになったのですが、当のリンクはなんとなく今までのタイトルのリンクよりも穏やかな印象を受けましたな。
いつも表情がにこやかな感じで。目の下の小ジワがチャームポイントだ(笑)
いじめっ子に対しても普通に親切な、いいやつですね。
今作は会話の選択肢が単なる「はい・いいえ」じゃなく内容によっていろいろと変わるので、よりそういう印象を受けるのかもしれない。
別に選択肢にする必要がないイベントシーンでも、よく会話の中に3種類くらいの選択肢から返事を選ばされることがあるのですが、その中にひとつ妙に素朴なかわいげのある応答があるという・・・。
「僕の鳥をかえせ」とか「間に合った?」とか・・・(笑)
多分プレイヤーが思っているリンクの性格の種類に合わせて選べるようになってるんでしょう。
細かい部分だけどいいですねこういうの。
感情がないタイプのキャラだったためにそれほどパートナーとして親しくなった感じはないファイに対しても、別れるときにはなんとも寂しそうな表情を見せたのもヨカッタデス。
やっぱりあんまり背が高くなかったり、寝坊助だったり、落下したときとか溶岩や流砂に落ちたときとかの間の抜けた悲鳴だとか、任天堂のキャラクターはほどよい格好悪さが魅力だと思う!
時のオカリナのリンクは真面目で、風のタクトのリンクはお調子者っぽく、トワイライトプリンセスのリンクは格好つけたいお年頃感(←?)がある・・・と自分は思っているのですが、これはナビィとかミドナとかのパートナーの性格に関係があるかもしれませんね。


時のオカリナからの伝統の、環境や状況によって変化するBGMの効果はさらに細かく分けられていて、その作り込みに脱帽です。
ムジュラの仮面ではNPCキャラが町の中を好き勝手に行動しているのが新鮮で感動したものですが、今作も人助けイベントが多くて寄り道の楽しみがあります。フィールドでの捜し物が特に好き。
セーブ方式がいつでもどこでもじゃなくなったのに最初は不安でしたが、ダンジョンの中にもセーブポイントがあるため途中からも始められるし、地上に降りるときの移動が楽なのでこれはよかったと思いました。
うーん!おおっと思ったことを書こうとしても、今までになかった要素が多くて書き出しきれません。
それにすぐネタバレになってしまうし。
今作は公式サイトにも取扱説明書にもストーリーやキャラクター紹介が書かれてなかったりと、事前情報を抑えているのが先を進める楽しみにもなっています。
ぜひご自分でプレイして楽しんでくださいな!

そうだこれは偶然なんでしょうけど、なんか所々現在放映されている番組やなんかを思わせる要素が出てきませんでした・・・か?
普段は全然見ないのに偶然1話から見たので現在視聴を続けているドラマとかアニメを思い出したりしました。
早く人間になりたいとかその他諸々・・・。


スタッフロール後に「このデータを使って最初から辛口モードでプレイしますか?」の表示が出たのですが、
最初からってことは集めたものも消えて上書きされるのか!?と怖じ気づいていいえにしてしまいました・・・。
コレクトアイテムやルピーはそのままってことだったんだろうか?
まあそうだとしても念のために別のファイルにコピーしてからはいを選ぶつもりです。
エンディングは見たものの、女神ブロックや感謝の気持ちはまだ全部は集まっていません。
コミックスも刊行されるというし、まだまだ長く楽しもうと思います+



さあ・・・金曜は部活の定期演奏会です。
会場までの移動や準備で当日は忙しくなりますが、違う楽器での合奏とか多分幼稚園以来だから楽しみです。
これが終われば毎日あった練習が元通りになって時間ができる!
そしたら考えていた計画を実行に移そうと思います・・・・フフフフ・・・。


スポンサーサイト
EDIT  |  23:50 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.11/23(Wed)

じゆうじかんをコウノトリ 

MIDI 伝説のスタフィー3「リューン」追加しました。
ページ貼り付け方式だとストリングスがやかましくなるのが嫌だな・・・。
スクエアウェーブの細切れの音の並びが夢をみる島のエンディングBGMの感じにちょっと似ている?


19日20日の2日間にわたるちょうど24時間を、久しぶりに下宿へやってきた母と過ごしました。
東京で合流することは何度かあったのですが、下宿で会うのはもう早2年ぶりでした。
19日の21時に最寄り駅で合流して遅めの夕食を一緒にとってからスーパーで食材を買って、最近ずっと帰りが遅くて料理が億劫になっている自分にとシチューを作り置いてくれました。ありがてえ!
次の日は朝から大移動でした。進んだ道のりを地図でなぞっていったらなかなかすごそう。
喫茶店で軽く朝食をとってから近くの森を散歩、ずっと歩いてそのまま隣町のショッピングモールへ行って買い物。
電車で最寄り駅に戻って昼食をとったあと、一旦下宿へ戻って休憩しました。
しかしそれもつかの間、荷物をまとめてまた駅まで戻って電車で新宿→上野。
上野動物園で閉園ぎりぎりまで見て回りました。

shoebill
ロフトバード・・・もといハシビロコウ

それから池袋へ行って夕食をとって駅の辺りを歩き回る。
7時頃にそろそろ母の乗る夜行バスを待ちに新宿へ。
長居できる喫茶店を探して放浪していました(笑)
なんとなく展望台へ行ってみたり地下街を歩いてみたり。
ようやく駅地下のカフェに腰を落ち着けて、自分が帰る8時半頃まで話をしたりしていました。
母とは電話はわりとよくするのですがやっぱり顔を合わせて話をするのはいいですね。
あまりにも長いこと一人で過ごしていると思考が徐々に狭く暗くなってくるような気がしてくるのですが、こうしてあちこち歩いて回れておもしろかったです。
2日間ともやけに暖かい天気なのも動きやすくて助かった。

母が帰りに乗ったのは気になっていた地元発の個室夜行バスなのですが、居心地良かったそうです。
ということでさっそく自分も12月に帰る日のバスの予約を取ってみました。
以前はそうでもなかったのに自分は乗り物好きになったようです。
ああ~早く冬休みになって実家に戻りたいもんだなあ!
忙しい今を切り抜けて早く爽快になりたいっ!

stuffedshoebill
珍しいハシビロコウのぬいぐるみが売っていたので買いました+
目や羽毛の色味といい足といいアホ毛といい、よくできています。
クチバシの筋まで縫い目で表現してあります。
ぬいぐるみデザイナーの方グッジョブ。



明日はいよいよスカイウォードソードの発売日ですね。
祝日でゆっくりできると思いきや、部活の演奏会のリハーサルでほぼ1日つぶれてしまうのであったッッッ!
それに今週末はTOEICがあるから勉強頑張らないといけないし授業の課題は先行き見えないし・・・・。
せめて帰り道に予約した店で受け取れればいいんですけど、受け取れてもしばらくは封印しないといけなさそうな気がします。
12月だったらまだ今ほどは忙しくないのに!
せいぜいネタバレを見ないように歯ぎしりしながらおあずけするとします。とほほ!!

今の内にトンデモ予想でも書いておこうか・・・
・今作は夢をみる島と関連性がある
 (神トラリンク曰くマリンはゼルダに似ている、ゼルダもマリンも竪琴を持っている
  ナリシャ様と風のさかな、それを言えばシーワンとも?)
・スカイロフトの住人はふしぎのぼうしの風の民と関係がある?↓
windcastle.jpg
 ふしぎのぼうしは多分唯一どこの世界とも繋がってないからそれはないか・・・
 アイテムにモグラ(マ)グローブと魔法のツボは登場したけど・・・
・オカリナを吹いて飛んでくる鳥はロフトバードの子孫
・ムービーに出てくる村長らしき人はラウル(=ケポラ・ゲボラ?)の先祖

なんか鳥のことばっかりだ・・・ストーリーについては見当が付かないです。
早くプレイして真相が知りたいなあ!!


ああーくそう!早く漬かりたいなああ!!!


EDIT  |  01:20 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.11/16(Wed)

じかんがほしいせつじつに 

conflict.jpg
今回のPGL大幅メンテナンスもゆめとも制限人数を増やしてはくれなかった・・・
もう誰も切りたくないのに・・・


MIDI 伝説のスタフィー3「パカラ」「海のねいろロック」追加しました。
どなたかはわかりませんがいつも拍手くださってありがとうございます・・・!
なかなかここを更新できなくて申し訳ないです。
最近部活の演奏会の練習やポートフォリオの作成やTOEICの勉強etcで忙しく、なかなかまとまった文章を書けないので11月中はブログの更新が減ると思います。
ここで更新の状況を見て本部ページへ来られるという方が多いと思いますが、しばらくはあるとすれば更新は本部ばかりになります。
トップページに更新履歴は表記しておきますのでよろしくお願いします。

EDIT  |  22:23 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.11/07(Mon)

あおいよぞらにふりそそぐ 

MIDI ゼルダの伝説風のタクト「賢者ラルト」「地神の唄」「風の神殿」修正、
未公開だった差し上げものイラスト2点追加、
さらに投稿イラスト追加しました。
いきなりこんなに更新したら後で困るだろうに・・・!

差し上げものは載せるのはやめた方がいいかと思って伏せていましたが、
みなさん普通に公開されているし別にいいかなと思い直しUPさせていただきました。
一つは2009年にじゃんだら琳さんと交換させていただいた残暑お見舞い。
もう一つは今年の1月にI LOVE BLEACHさんと交換させていただいた寒中お見舞いです。
NEWマークを目印にどうぞ。

明日は立冬、もう今年も残り少ないなんて時間の流れるの早すぎだ・・・。
12月に入ったらまた年賀状描きが始まりますね。
来年は辰年、再来年は巳年で爬虫類好きにはうれしい流れ。
初詣先の神社でナイスな辰の置物が見つかるのを楽しみにしています(笑)



それから久しぶりに投稿絵を描きました。
最後に投稿したのが4月だったからもう投稿やめたと思われていたかもしれませんね。
最初はここに載せる落書きにするつもりで描いていたものを急遽投稿絵に変更したもので、
トップに載せるにはショボくなってしまったので普通にイラストページ行きです。
やっぱり自分には、明確なビジョンなしに描き進めた絵はうまくいかないことが多いですね・・・。
描き始めたきっかけは、YouTubeでMooncakeというバンドの『Message From Arecibo』を聴いたことから。



聴いてなんだか無性に懐かしい気分になりました。
この気分はMOTHERのアレンジCDの『Fallin' Love, and』を聴いたときによく似ています。
あのときも今のこの気持ちを描き留めなければ、という思いに駆られて落書きしていて、
それを途中で投稿絵に変更したのだった。



2曲とも使われている音階がどことなく似てますかね・・・?
こういう音が自分には懐かしさを感じさせる引き金になっているんだろうか。

気になってタイトルのアレシボメッセージというのを調べてみると、1974年にアレシボ電波望遠鏡の改装記念式典で宇宙に送信された電波によるメッセージだと知りました。
小さい頃に子供百科図鑑のようなもので見たドットの並びはこれだったのか!
宛先はM13なのですが距離は25000光年、つまり送信してから到着するまで25000年かかるそうです。
さらにもし知的生命体がこれを受け取って返信をしたとしても、それが地球に届くまでにまた25000年。
少なくとも往復50000年かかるということで、なんとも壮大な話です。ロマン!
返信が届いた頃にはもう地球に人間はいないかもしれませんね。
曲調も相まってそういうちょっとセンチメンタルな雰囲気を出したかったのに、仕上がりは至って平凡になってしまいました・・・。
ユクシーはメッセージを考え出した地球の知恵、
ジラーチは電波を受け取って「届いたよ!」とやってきた異星人といったイメージです。
でもそれをやるならジャンルは明らかにMOTHERかMOTHER2の方がよかったですねー・・・。
元ネタであるアレシボメッセージの要素も入れたかったので画面端にドットの星を入れました。
最初は二進法の0と1でパターンを入れようと思っていましたが画面に似合わないのでやめました。

もう少し語ると、(ほの暗いので伏せます)
この曲を知ったのは実はベトナムの僧侶が1963年に弾圧への抗議として焼身自殺する一部始終を撮影した動画のBGMに使われていたからでした。
衝撃的な内容に対して最初は不釣り合いな曲のように思えたのですが、見ていくと動画と曲両方の強いメッセージ性がふしぎとマッチしている。
最期まで見届けて心に穴が空きました・・・。みすみす泣きの種を増やしてしまった・・・
ユクシーを選んだのは、初めて見たときなんとなく坊さんっぽいなという印象があったからでもあります。
それからジラーチはロシア語で「願い」という意味の単語ですが、Mooncakeは偶然ながらロシアのバンドでした。


とにかく、自分が込めたかった要素が多すぎ複雑すぎてパンクしてしまいました・・・。
投稿するならもっと構図や色味を練ってから描かないとですね。



拍手ありがとうございました!更新がなかなかですみませんでした;;
追記にコメントのお返事です。
とかげさんちょころもさん、どうもありがとうございました!!^^


EDIT  |  20:38 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。