04月≪ 2013年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.05/21(Tue)

あっちこっちにてをのばし 

17日から本館がリンク切れを起こしていましたが、今日復旧しました。
更新費用が引き落としされていると思っていたら未払いで、ドメイン停止してました・・・。恥ずかしい///
前の記事に別館を作っていると書いたタイミングで本館が消えて、驚かせてしまいましたらすみませんでした!
では気を取り直して。

MIDI サンサーラ・ナーガ 「タイトル」追加しました。
GBAでのリメイク版を参考にしているので、SFC版と比べるとライトな感じです。
動画がないのでDSから聴き取って打ち込んだのですが、かろうじてSFC版の音源は上がっていました(最初の曲)↓

GBAだとやはり音質は落ちるみたいですが、この曲に関してはGBA版もいいじゃんっと感じました。
ハープをアルペジオにしたのとか笛やシンセベースやドラムを入れたのはナイスアレンジだと思います。



depressive.jpg
どうしたというのだ

FFCC(無印)の非4コマなマンガを思い立ったときに少しずつ描き進めていっています。
鬱とかシリアスというほどでもないけれども笑いはないものを。
こんな落書きを添えてそう書くと超暗いのを想像されそうですが、ラストは希望に向かってはいます一応!
主人公は↑ですが、なぜこれのフィギュアやら作っていた頃に比べて最近の落書きや現在のトップ絵では曇った表情ばかりなのかということの裏話っぽくなるかなーと思います。

ずっとギャグじゃないものを描いてみたいと思い続けて、頭の中で話を練ったり構成を考えたりはしていました。
しかしどうしてもいざ実際に描いてみようとすると謎の恥ずかしさに襲われるし、上手い人はいくらでもいるんだからわざわざ自分で恥をさらすこともないんじゃないかと考え始めてしまって形にしたことがありませんでした。
それに性格の割に湿っぽいのや辛気くさいのは好きじゃないし。
むしろ鬱な場面を茶化す方が好きなんだな・・・我ながら意外なことに。
誰かのシリアスな作品を読むとああ~こういうの描いてみたい!と強く思うのですが、このように天の邪鬼なのもあって実現しませんでした。
が!俺は今から変わるぜっ!

下書きにして7ページくらいのほんの短いものですが、改めて絵を描くのって大変だなと思いました。
読むのは一瞬なのになあ。
1コマ1コマが1枚落書きを描くくらいのスピードなので時間かかりそうですが、できたら上げます。
これが完成したら他のジャンルのシリアスものも形にしたいものです。
ただ恐ろしいのは家族がここを見ていることだ・・・。
あまりにも暗いのを描くと痛くもない腹を探られかねないので、まあどうせそんなすごいのは描けませんが、ほどほどにします(笑)



前の記事に拍手どうもありがとうございました!!
な、何に対して拍手を入れていただけたのでしょうか・・・
もし別館に対してならば期待はしないでください・・・初めはあまり展示できるものもないし・・・
でも励みになりました、引き続き制作を進めます!ありがとうございました^^



スポンサーサイト
EDIT  |  18:40 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.05/11(Sat)

そろりそろりとうごきだす 

先月のことですが、国立新美術館の貴婦人と一角獣展を観てきました。
「触覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」「視覚」「我が唯一の望み」の6枚のタピスリーから成る有名な作品です。
昨年の旅行で実際にクリュニーの中世美術館でも見てきていたのですが、そのときは確か「視覚」がバルセロナの美術館に貸し出されていて見られませんでした。
今回のこの展示は6枚全部が来日していて、しかも7月半ばまで開催されています。
収蔵元の目玉なのによくそんな長いこと借りられたなあ!と驚きました。
その時代の他の作品も見られたりいい図録が買えたりで満足でした+
あんな巨大な絵柄を織るには一体どのくらいの年月がかかるのか・・・。
フランスまで行かなくても見られるいい機会ですのでおすすめです。

西洋中世の美術、特にロマネスク~ゴシック美術が好きです。
はじめは学校でも写本装飾を研究しようかと考えていました。結局違うことをしていますが・・・。
個人的にはルネサンスに入るにつれてだんだん興味が薄れていってしまうのです。
動物を擬人化したり、写実性を求めないで独特のデフォルメが発達していたり、鮮やかな色彩でどことなく下手うまな感じが好きです。
見た目にわかりやすくて中世ヨーロッパを演出するいい要素だと思うのですが、日本では意外と見ない気がします。
ゲームで見たのでは、風のタクトではなくふしぎのぼうしの聖域の奥にあったステンドグラスのビジュアルがゴシック風でおおっとなりました。

emerina.jpg
殉教聖人風エメリナ

ってことでゴシックステンドグラス風にしてみました。
名前の周りを黒枠にするんじゃなかった、悪目立ちしすぎ。
初めてエメリナの公式絵を見てから、すごくステンドグラスに似合いそうな人だと思っていました。
というか服装もそういう聖人の格好を参考にされているんじゃないでしょうか。
ルキナの親子会話に出てきたエメリナ柄の服というのはどんなだったのでしょう・・・


前の記事に拍手どうもありがとうございました!^^
突然ですが、現在オリジナルの作品ばかりを載せた別館を作っています。
どうせなら背景素材やその他もろもろもすべて自分で準備しようと思っているのでまだしばらくかかりそうです。
そういうことで、これから更新が減るかもしれませんがよろしくお願いいたします。
期限や時間がヤバいときでもいらぬ落書きしてしまう自分のことだから減らないかもしれませんけどね!
まあこれまで通りということか。
先のことですが完成しましたらリンクを貼りますので、興味のある方は覗いていただけると嬉しいです。

あっトップ絵・・・結局5月まであのままになってしまったな・・・



EDIT  |  21:46 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.05/05(Sun)

あそぶこどものこえきけば 

MIDI ファイアーエムブレム 覚醒『「I」~哀』追加しました。
ストーリー上の重要なイベントで使われるBGM。
絶望の未来3での失敗エンドの会話が印象的でした。
midiで保存するとストリングスがうるさくなるのと低音がしょぼくなるのがどうにもな・・・。
容量はあるからmp3を置くようにしてもいいんですけどねー。


awakening.jpg
我が身さえこそ動がるれ

こどもの日&マークの誕生日にかこつけて4コマ追加しました。
ほんのりブロリー風味・・・。照れがあるうちはまだかわいいもんだ。
小道具としてはマイユニット女・タイプ2・顔5の眼帯の方が厨二的かも。
実際は戦術師服もタイプ別その他の小物も母親の形見とかなんだろうなーと考えています。
平服時にあまり装飾品を身につける習慣がないから何かと深読みしすぎるだけかもしれませんが。

マークとウードの支援会話Bが好きです。特に必殺技をかわされたときのお互いの反応が笑えます。
ウードは声セリフが実に厨二で、終章に参加させたときなどはシリアスな場面でそれぞれが神妙なセリフを語っていく中、突然飛び出す厨二ワードに不意打ちされて声出して笑ってしまいました。
1週目のウードの父親はガイア、そして同じくヒーローなりきりタイプのシンシアと支援Sになりました。
自分はこういう実践型の厨二病にはかからなかった(はず…多分)ので、黒歴史暴露話なんかはとても興味深くおもしろく見聞しています。
中にはうまい設定・世界観のものもあったりして感心してしまいます。
そういうものから名作や傑作が生まれるんでしょうね。
だから人に迷惑をかけないものなら全然ありだと思うのです。
笑い飛ばして終わらせるなんてもったいない!


前の記事に拍手ありがとうございました^^
ゴールデンウィークも終わってしまいますね。
今年は実家に帰って奈良やあちこちへ行ったりして充実した時間が過ごせました。
連休明けでもたるまずにやることやっていかなければー!


EDIT  |  21:43 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。