03月≪ 2014年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014.04/24(Thu)

いまとなってはよくわかる 

parasite.jpg

冬虫夏草


お久しぶりです・・・また1月近く空けてしまいました。危うく広告が出るところだった。
他に落書きのストックがなかったのでこんな根暗なものを引っ張り出してしまいましたが私は別に元気です。
空白の間に色々ありました・・・
前の記事で予告した3月の旅行メモはPennulaの方でまとめました。
エイプリルフールはgoogleのポケモン企画で遊んだり。
あれ図鑑はグーグルマップにずっと残ってるんですね!世界の名所を巡りましたが106匹が精一杯でした。
スマブラダイレクトでは予想外のキャラの参戦に驚いたり、各地のニンジャスレイヤーネタコメントに笑ったり。
必要に駆られて絵(オリジナル)も沢山描いたのですがやはり今はまだ上げられないかな。そのうち一次ブログに載せようと考えています。


さて、色々やっていることはあるけどここに書くようなことでもないし、二次創作の更新報告もしばらくできなさそうなので、最近はまったものを紹介しようと思います。

授業中にゴシック美術の話が出てノートルダム寺院の話になり、ヴィクトル・ユーゴーの「ノートルダム・ド・パリ」に話が及んでなぜか登場人物の名前を答えることになったのをきっかけに、おそらく16年くらい前に観たきりだったディズニーの「ノートルダムの鐘」を見直してみたのです。
いや~面白い・・・。18年も前のアニメなのに美術も音楽もすごい。
当時は「おいらこどもだからよくわかんないや」だらけだったあれこれが今は理解できるようになっているのでもう、軽くアハ体験です(←?)
内容がちゃんとわかるようになっていたのは『中世の星の下で』『中世幻想世界への招待』とかを読んで中世西洋の生活や文化や思想の前知識が入っていたのも大きいのかもしれない。
賤民、魔女狩り、共同体、宗教、特に聖域の思想なんかが。
この2冊は文庫になっていて読み物としてもおもしろいのでおすすめです。

音楽に焦点を当てると、BGMに宗教音楽なコーラスがふんだんに取り入れられているのが印象深いです。
そのコーラスはラテン語で、それもちゃんと状況に合った聖書の祈りや聖歌の語句が歌詞になっているのがしびれる。
そしてKyrie eleison(主よ憐れみたまえ)が唱えられるタイミングがまたいい。
悪役フロローが罪深いことをした瞬間にすかさず入れられてるんですよね。
原作と違って本作ではわりと同情の余地がない悪役として描かれているけれども、そのキャラに対して「主よ憐れみたまえ」・・・
確かにこのキャラも元から悪だったわけじゃなくどこかで正義をはき違えてこうなってしまったわけで。深いです。
自分も理想主義をこじらせてこういう独善にはまりかけていたような気がしてギクリとしました-v-;


この歌の合間のコーラスは「回心の祈り」の句。ここに懺悔の句を持ってくるとは!
ディズニーの悪役の歌が好きです。野望に燃える姿からはなんというか、元気をもらえます(笑)

これでPIXAR作品を除いたディズニーアニメで好きなのはロビン・フッド、ムーラン、ノートルダムの鐘になるのですが、マイナー扱いな作品ばかりですね・・・。

EDIT  |  20:20 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |