06月≪ 2014年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.07/21(Mon)

あのよこのよをつなぐとき 

イラストページを大幅に整理しました。日記絵ログも10枚ずつにページ分けして収納しました。
発掘した未使用の落書きや4コマもひっそり追加したりしています。
これで暴れる羞恥心もちょっとマシになったかな・・・。
なんでこんなのを残してるんだ?となるのも多々ありますが、画面上の収まりを考えてのことです。
自分でも迷いましたので、あまりつっこんでくださいませんよう・・・。
あと地味に全ページのフォントをメイリオで統一しました。(Macでは反映されませんが)
それだけでもちょっとスマートな感じがする。目立たないけどフォント選びは大事ですね。


marnie.jpg
「思い出のマーニー」を観てきたので、感想を。
結論から言うとかなり好きですね・・・浄化されたような気分です。
ネタバレは絶対に防ぎたいので、危ないと思われるところは白文字表記にします。

まず表面的なところからいくと、音楽、画面、演出が美しい。
声もみんな自然で、特に主人公杏奈役の子は若くて初挑戦というのにすばらしいです。
風、海、船、窓、月、橋、塔、波といった心情を象徴する要素の使われ方も効果的だった。
こう挙げてみると象徴要素は「千と千尋の神隠し」によく似ていますね。
実際、倦んだ少女が異界との交流を通して生きる力を取り戻すという筋書きは共通しているので、ずっと静かで穏やかなバージョンの「千と千尋」といえるのかもしれないと感じました。
主人公を日本人に変えていることも、よりメッセージ性を密やかに、しかしわかりやすく伝えるいい改変だと思いました。

それからこれは原作にもよるものですが物語もよかった。
ストーリーは予告を見てなんとなくマーニーはイマジナリーフレンドなのか?と予想していて、作中でも結局単なるそれだったのだろうかとなる場面があるのですが、そういうよくある話で終わらなくて本当によかった。
原作未読だったので、マーニーとの幸せなシーンの合間合間に挟まれる意味深な描写に不安を煽られてはドキドキしていました。
さりげない伏線提示にもしやと感じることはあるものの、真実が語られるのはかなり最後の方になってからようやくなので、ずっとミステリーを見ている気分でした。
真相を知ってから伏線を思い返して、何よりキタのは子守歌子守歌ですよ・・・
思い出したら目頭が・・・・・・

自分は過去と現在、幻想と現実、生者と死者のように、通常は厳格に境界線が引かれて干渉できるはずがないもの同士が解け合う瞬間、
それからもう存在しない者の想いが遠く時空をこえて現実に生きる者に伝わる瞬間がものすごく好きらしいです。
どうしていろんな物語のあの世に繋がる場面がこうも好きなのか、これでようやくわかった気がする。
と思ったらこの説明は石井ゆかり氏の魚座の本に全部書かれていた。そういうもんなのか・・・。
ゲームとかで挙げればMOTHER3の6章のヒナワ、風のタクトのメドリ覚醒イベントのコモリの祖母、アナザーコードでのディーの父親、アナザーコード:Rでのサヨコ、ウィッシュルームのブラッドリー、ラストウィンドウでのカイルの父親、メトロイドOtherMのアダム、ポケモン映画2005のアーロン、ドラえもんののび太のおばあちゃんの話etc.
だからこれらに対して涙してしまうんだな。カタルシスですね。

自分にはまだそういう体験がないので幽霊のような存在をあまり信じていませんが、人の脳が幽霊を作り出すようにできているのは好ましいことだと思っています。
虫の知らせやひらめきによって九死に一生を得たときとかに、「これは死んだ○○が助けてくれたんだ」と考えられることはとても幸せなことだと思うのです。


話がズレましたが、とても良かったです。久々のヒットでした。
この作品が好きになった方はぜひアナザーコード:Rをプレイしてみることをお勧めします。きっと気に入られると思います。
ああ何度も見返したいけど、あまり見過ぎると初見の感動が薄れてしまうような気がする。
今しばらくはサントラを聴いて思い出すに留めておこうと思います。


スポンサーサイト
EDIT  |  21:06 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.07/16(Wed)

いんぎんぶれいむざんむき 

次の更新に回そうと思ったけど新着情報ネタは生ものなのでやっぱり今あげとこう
 →スマブラ7/14公開動画(YouTube)

irreverence.jpg
3コマ目半辺りから思い出し笑いの涙


自分のネガティブ思考に他人を巻き込むのは失礼なのでやめましょうというお話(適当)
俺の出番はないのか・・・」の後の今にも泣き出しそうなクロムの表情がすごくよかった。何かムラっときた

スマブラX時代にディープな二次創作置き場に迷い込んだことがあったけど・・・・・・
あれはな・・・うん・・・・・・。
度を超えて変なイメージやネタを背負わさなければいいなと思います、どのキャラクターも。

EDIT  |  22:34 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.07/14(Mon)

りょうはっぴょうもぶじおわり 

台風が過ぎていったのを境にかアッツイですね。
というわけでなんとなく毎年恒例の夏テンプレート変更。
そろそろトップ絵も変えたいところです。

MIDI ウィッシュルーム 天使の記憶「秘密」追加しました。
他のBGMと雰囲気が違って寂しげなミラのテーマ。mp3です。
mp3にすると少しマシにはなるものの、シーケンサソフトに入っている音が安っぽいのでピアノの曲は再現が難しいです。
それからファイアーエムブレム覚醒「クラスチェンジ」も不具合を起こしていたのでmp3に差し替えました。


nowi_and_me2
アクロバット飛行に伴う竜酔い――異伝支援会話ネタ

無事に発表を終えてきました。
「エオリアンハープ」と「竜」、両方とも多くの人に聴いてもらえてよかったです。
内心ドッキドキの「竜」の口頭発表も、聞くところによると評判はよかったみたいでほっとしました。
でもポスターセッションの60分も口頭発表の15分も思ったよりも短くてカットした部分も色々あったので、何かの機会にまたちゃんと発表してみたいなどと思っていたり。
人前で話すのやプレゼンテーションは嫌いなはずなのにこういう場は嫌じゃないというのはどういうことだろうか。
最近は自分に対する思いこみが次々と裏切られて、もはや自分で自分の性格行動理念がわからん状態です。
この場合はいいことなんだろうけど・・・。
今回も旅行メモをとっていたのでPennulaのTravelsページに追加しておきました。


・ゼルダ無双にファイとギラヒムが!わ~なんかやっぱり気になってきました。
自分が結構ファイ好きだったことを今知りました。
スカイウォードソードのステージを見ると妙に懐かしい気分になります。もう3年前になるって本当かい・・・。
スクリーンショットのゼルダが風のタクトを持っているのも気になる。
やっぱり予約してみようかな・・・。

ヨッシーNewアイランドが突然トップに出ていたのに驚く。前から情報ありましたっけ?
でも特に新しい要素は無いような・・・。傾けもヨッシーの万有引力でやっているし。
ヨッシーストーリーの世界観と手動卵投げカーソルとゴールがないゲームシステムがかなり好きだったのですが、あのシステムを継いでるタイトルが出ませんね。
ヨッシーアイランドはGBAとDSでも出ているし、期待している毛糸のヨッシーも同じくヨッシーアイランドシステムのようだし、ヨッシーシリーズは差別化がいまいち弱いような気がする。

・日時告知なんてもったいぶってるスマブラの新キャラ発表が楽しみですね。
未登場シリーズから来たりするのかな?
期待して見てみよう。
追記: クロムさん・・・(;_;)
ちょっと可哀想すぎやしませんか・・・主人公でっせ?
資料集やCDの表紙の座もフィギュア化枠もことごとく娘に奪われ、その上この仕打ち・・・おおお・・・。


前の記事に拍手どうもありがとうございました!+

EDIT  |  01:13 |  日常  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。