01月≪ 2019年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
2019.02/16(Sat)

テンカイまではまだとおく 

1月末から2月初めまで、イタリアに一人旅行してきました。
海外に一人で行くのは初めてでしたが、意外と日本でいる時と変わらない感覚であちこち行けるものでした。
自分が普段から警戒しすぎなだけなのか…?
自分の判断次第でどう動いてもいいという自由度が癖になりそうでした。
一次創作の方でまた旅行メモをまとめるつもりなので、できたらまたこちらでも書こうと思います。


ゼルダの伝説夢をみる島がリメイク!予想してなかっただけに驚きでした。
しかも3DSじゃなくてSwitchなんですね。ミニチュアのおもちゃを眺めているようなこの画面…なるほど。
「新しく生まれ変わる本作にどうぞご期待ください」…
純粋なリメイクなのか、神々のトライフォース2のようにリメイクと見せかけた新作なのかわかりませんが、あのドット絵ゆえの制限された表現がいい味を出していたと思われる演出の数々はどうなるのか、気になります。


sea_of_sky.jpg

それとは別に関係ない問わず語りですが。
横スクロールゲームを見ると、「伝説のスタフィー」シリーズはどこへ行ってしまったのだろうか…とよく思い出します。
自分が小学生だった頃のゲームなので、もはやレトロゲームといってもいいのかもしれません。
最後作は2008年に出た5で、それ以来新作は作られていません。
それまでは2年毎くらいに新作が発表されていたにも関わらずです。

理由はなんとなく察しはつきます。
世にいくらでもある横スクロール型ゲームの中で、特にこれといった目新しい要素もなかったため、わざわざ今開発する意味がないと判断されたんだろうということ。
GBAで出た3作は正当に新要素が増えていっていたが、新ハードDSに合わせるために無駄に3DCGの仕掛けを取り入れなければならなくなり、迷走したのであろうこと。
実際4でのシステムは難易度を下げすぎることになり、5では謎のパペット風公式イラストが採用されて世界観がよくわからなくなっていた。
あれは何のためだったのでしょうか…そんな部分で奇をてらう必要はなかったはず。
GBAの雰囲気をそのまま継続してくれればよかったのに…というのはGBA版が好きなだけの素人考えかもしれませんが。
5で初めて海外に輸出もされたのでしたが、わざわざパペット風にされたキャライラストが特に可愛くもなく(これ重要問題だと思う)、スマブラにアシストキャラとしてちょっと顔出しできるようになった程度の結果にしかならなかったという結末に終わってしまったのは残念でした。
あのドット絵とBGMとかすかに関西ノリが入ったネタに世界観、珍しいアニメCMに主題歌、独特の塗りが上品な感じの公式イラストが好きだった者としては、なんとかシリーズを復活してもらえないものかと思い続けています…。




そんなことを考えながら3DSでVCを眺めていたら、海が舞台の横スクロールを見つけて気になり、買ってみました。
Ecco the Dolphin」(1992)です。元はメガドライブで出ていたようですね。
グラフィックはドットながらリアル調で、イルカが主人公のシリーズです。
90年代〜00年代ってイルカがすごく流行っていた印象がある。
プレイしてみると操作やシステムが難しいと評判だった理由がすぐ感じられましたが、こういうのがあったんだなと気になり、任天堂機に移植されていない続編についても情報を集めてみていました。
そしてYouTubeで最後作「Ecco the Dolphin Defender of the Future」のプレイ動画をずっと追って見たのでした。
横スクロールから3人称視点3DCGになっている!グラフィックは時代を感じるが悪くない!そしてBGMがすごい良くないか!
ストーリーはシリーズ通してなかなかのぶっとび具合ですが、ゲームシステム変更がありながらも同一シリーズ感を残していて、いい落とし所を見つけているように思われました。難易度は相変わらずのようですが、ハードが手元にあったらやってみたいくらい。
アトランティスとか遺跡とか海底神殿とか…好きですこういうのな!



この「Hanging Waters」というステージを見て、スタフィーの「そらの海」ステージなんかを3DCGでやったらまさにこんな感じだったろうなと思ったのでした。
もしもスタフィーの新作が開発されるとしたら、可能性ある選択肢の一つにこの方向性があるのではないか…とちょっと思ったものの、エコーザドルフィンのようにスピード感を売りにしているわけではないからやっぱり無理か。
せめてGBA版の3作を携帯機のVCに追加してほしいものです。まだカセットの電池は残っているのだろうか。
今Switchにおいても極めてクラシックな横スクロールでありながらキャラクターや世界観の魅力で押し切っている作品が普通にあるのを見ると、無理に新しいことしなくていいからもう一度あのシリーズを見たいなとも思うのでした。
EDIT  |  17:23 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
 | BLOGTOP |