08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.07/21(Sat)

Oh,Komali... 

You Tubeでこんなものを見つけました!
Komali×Medli
海外のコモリ×メドリのイラストですね・・・
なんか日本人の描くのとえらい違いますね。そうきたかって感じで(笑)
ここに出てるイラストは全部日本人以外なのかわかりませんが、これをみると海外の人は公式イラストを完全に自己流にアレンジしてかつ頭身を高く、どちらかというと写実的に描く傾向があるみたいですね。
足を完全に鳥の足化してるのも少なくありません。

そうか英語ではメドリはMedoriでなくMedliだったんですね・・・
道理で検索に引っかからないと思った☆(ん?
それにコモリがKomaliとは。コマリ?
じゃあ日本語版に別にいるコマリはどうなってるんでしょうね。

いまさらネタばれも何もないですよね!
メドリ覚醒イベント
英語を読んでいくといろいろと発見がありますよ。

コモリ様→Prince Komali
王子ですか!族長の息子にあたる言葉がないんですね。

「師匠はきっと、このことを知っていたんですね・・・」
→〝I bet my teacher knew all about this..."
「師匠」がteacherに・・・なんかせっかくの日本語のニュアンスがー;
あと「そのこと」がallになってます。

「このままそっと、抜け出しましょう」
→"Let's go now, quickly and quietly."
おお、うまい!

「カレの中では単なるお付きのメドリのままでいたいから・・・」
→"Oh, Komali... I just want him to remember me as a simple attendant..."
この"Oh,Komali..."でプレイヤーはメドリのコモリへの気持ちがわかるわけですね。
それに比べて日本人は、日本語のそういうセリフなしでもわかるんだから、相手の心情を読むのがうまい民族とは本当なのかもしれませんね。
「お付き」が"attendant"(付添い人、世話人)であって"valet"(貴人への付添い人)ではないところも興味深いです。

ああ~日本語の敬語は英語の助動詞でしか表せないからメドリのあの言葉づかいは向こうには完全には伝わらないんですね・・・
「リンクさん」とさん付けしてるのも個人的には知ってほしいところです(細か!

こういう、他国語ではなかなか言い表せない深い含みがある日本語を、日本はもっと大事にしていった方がいいと思います。
現在英語が話せることに一番重きが置かれているような日本ですが、それよりも日本語の勉強をするほうが先決なんじゃないでしょうか。
英語なんて英語圏の人なら赤ちゃんだって話せますからねぇ・・・

おっと!?なんでメドリの話からこんな真面目な記事に!?
最後に私が好きなシーンを。
竜の山のほこらクリア後
メドリやっぱり好きですよ。
EDIT  |  17:00 |  未分類  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

初めまして! にーさまと申します。
ファミディーにてぷりんさんのイラスト拝見しています! 同い年であんなにレベルの高いイラストが描けるなんてすごいです!
突然の訪問失礼しました。では。
にーさま | 2007.07.25(水) 21:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。