08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.08/30(Sun)

勇気一つを友にして 

いきなりですが、『ヘラクレスの栄光 ~魂の証明~』クリアしました。
名作シリーズと聞いて気になりながらも、受験時代で買えなかった約1年前のソフトです。
記憶喪失ものと聞くと気になって仕方がなかった。
21日から始めて29日にやっとクリアです。40時間でした。
ひたすら主人公の不死の理由を知りたいがために進めてました。
個人的に、パーティそれぞれの不死の理由のショック度は
ヘラクレス≧主人公>エリス>ロコス>シュキオン
って感じでした。
シュキオン・・・へぇーそんなことがあるのか~
ロコス・・・ほほう!
エリス・・・おおっ!?
主人公・ヘラクレス・・・(T_T) ←こういうのに弱い自分・・・
戦闘で混乱したときに各キャラが口にする一見意味不明な言葉も、
実は各自の真相をほのめかすものだったとわかって感服です。

確かによく書かれているように、システムにはちょっと改善の余地ありって感じでしたが、
ストーリー・キャラクター・音楽・グラフィックはとても良かったと思います!

・ストーリーはたいていの記憶喪失ものが辿るようにかなりシリアス。
 不死の主人公たちとは対称に、どんどん知り合いが死にます・・・。
 でも暗すぎず、愉快な仲間たちがうまくバランスを取ってると思います。
 言い古されたたとえですが、MOTHER3のように一本道なのがちょっと物足りなかったかもですが。
 ギリシャ神話を知っていると登場人物の経歴や特徴がよくわかるので楽しいです。
 ラストはとりあえずはハッピーエンド・・・なのかな?
 そこらがはっきりしない、いろいろ複雑なカンジです・・。
 考えさせられますな。

・キャラクターは個性があってとても良かった!
 みんな朗らかに振る舞うけれども、みんな心の奥では悲しみを抱えているのです。
 全員がムードメーカーな感じと、ご一行様感(何それ?)が楽しかった。
 主人公の、見かけによらずいまいち格好良くないところも良かった(笑)

・音楽も耳に残るものが多くてよかったです。
 早速メニューセレクトの曲のMIDIを追加しました。
 どの曲も雰囲気があって好きです。なぜか聞いていて飽きなかった。
 その中でも特にメニューセレクトのオルゴールが耳について離れないのです。
 オルゴールのどこか悲しげな音色が何となくそれぞれの胸の内を表しているようで。
 レクイエムのようにも聞こえます。

・グラフィックというか、建築物や地形のデザインもいいな~と思いました。
 神殿のつくりが特に好きです。
 オープニングのアニメも爽やかでいい感じ。
 戦闘画面でのキャラの動きもエフェクトも格好良かった。
 戦闘中にキャラがフキダシで喋るのも新鮮でした。見ていておもしろいし。
 回復魔法を掛けたときの「がんばれ!」→「すまない!」とか「私がついてます!」→「へへ・・・まいったね」とか、
 気絶時の「あぅ・・・」「そりゃないよ・・・」「みとめたくない・・・」「わはは・・・は・・・」「うらんでやる・・・」とか(笑)
 ボスに対して、この攻撃ちゃんと効いてるんだろうか?と不安になったときも、「着実に効いてますよ!」とか言われると安心するわけです。
 このシステムは好きなので、大事にしてもらいたいですね。

書きたいことは他にも色々ありますが、あまり書くとすぐにネタバレになってしまうゲームなのでやめておきます。
しばらくギリシャ熱が続きそうです。
そういえば今年のポケモン映画もギリシャだったな。←見た奴
いいゲームだと思うので、ぜひプレイしてみてください。
なんか意外と知られていない気がするので・・・。

クリアした人ならこの記事のタイトルの意味もわかると思います(ニヤリ
EDIT  |  23:57 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。