06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.11/15(Mon)

アラクノフォビアなんだろか 

今の授業はフェルトでの制作なのですが、自分の作ろうとしているものは大きさが150cm×100cm×90cmもあるので
しばらく放課後も教室が閉まるまで残ってひたすら縫う日が続きそうです。


部屋にクモが出ました。
自分はクモが大の苦手であります。
ハエトリグモに限ってはなんとか平気なのですがその他はどんなに小さくてもダメです。
よりにもよって現れたのはなんとあのでかいイエグモ(アシダカグモ)でした・・・・・。
不意打ちにウオァッと奇声をあげてしまったではありませんか!
これが実家なら母か祖母に頼んで(その他のメンバーも苦手)退治するか追い出すかしてもらえるものが、一人暮らしはどうするか決めるのも手を下すのも自分一人。
クモはベッドの置いてある部屋に向かっていたのでもう追い出すだけの心の余裕はなく、殺虫剤を手にして追跡しました。
まず一撃!
攻撃を食らったクモは音もなくあの不気味な素早い動きでベッドの部屋に逃げ込んでしまいました。
くうぅ、これは防ぎたかったのに・・・・。仕方がない。
なんとしてでもベッドは死守しなければ。あれに登られたら敵わない。
勇気を出してものすごいしかめ面に差し足で部屋に入りました。

おそるおそる明かりのスイッチを押します。
クモはスイッチのすぐ近くの壁に張り付いていました。ワっと手を引っ込めます。
ベッドはもうクモの隣です。やるしかない!
数秒スプレーを吹き付けました。クモはひるんで素早く走り回りました。
見ているだけでも不気味で仕方がありません。しばし様子見。
毒が効いてきたのか、足が麻痺して数本不自由になったようです。
しかしすぐにも回復して動きだしそうです。またスプレー。様子見。
こんな様子でヒットアンドアウェーを繰り返していました。

arachnophobia.jpg
※心象風景

実に30分に渡る静かな戦いの末、クモを退治することができました。
しまいには壁から床に滑り落ちたので、台所用洗剤でとどめを刺しました。
強敵だった・・・・・。スプレーを持つ手は汗でぐっしょりです。
自分もちょっと息苦しくなるくらいの量のスプレーを使ってしまっていました。すぐ換気!
それでもなんとかベッドには触れさせずに済みました。
死骸の処理も自分でやるしかないので自分で。
長い攻防だった・・・。


でももしかしたら、部屋にゴキブリが出ないのはこのクモが食べてくれていたからだったりしたかもしれない。
網戸なしに窓を開けた覚えもないし、あの大きさのクモが隙間から入ってくることは考えにくい。
サイズが小さい頃から部屋に住んでいて害虫を捕ってくれていたのかもしれない。
自分は恩を仇で返したのかもしれない・・・。
でも自分はクモが部屋にいるとわかっていて、ノイローゼ・・・とまではさすがにいかなくてもハラハラせずに生活することはできない!
食器棚から皿を出したりするたびにこれ上をクモが歩いたりしてないだろうかと考えずにはいられんのです。
もし実際そうだったとしてもできれば知らないままでいたい・・・。
写真や映像は平気(触れないし見たくもないけど)だし、多分絵のパワードスーツみたいな遮断物を着てたりしたら実物も平気なんでしょうけど。
許せとは言わない。
そんなもんなんだ・・・。




コメントありがとうございました!
ではでは、お返事はそちらのブログにさせていただきますね^^
EDIT  |  21:38 |  日常  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.11.16(火) 12:09 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。