06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/18(Tue)

おいをかんじるしゅんかんよ 

badriser.jpg
猫目リンクが起こされて冒険が始まるタイトル・・・4/6(4つの剣&4つの剣+以外全部) 

久々にトップ絵変更、イラスト追加しました。
いつもブログの落書きばかりで、背景付きの絵の更新は実に4ヶ月ぶりです・・・。
キャラクター描いたレイヤーを差し替えたら再利用できるということで珍しくデジタル絵に。
セコイですが版権ものの絵はポートフォリオに入れられないんでね・・・。


4つの剣の小人のぼうしを使うたびにエゼロを懐かしく思い出すので、久しぶりにプレイしてみましたふしぎのぼうし。
一番古いセーブを見たらカケラ合わせがあと2個残っていたので探し出してクリア。
アイテムもフィギュアも集めきっているのにハートのかけらあと1個が見つかっていないまま。
メトロイドプライム2も同じようなことになっているんだった。
もういつどこをどう通ったのかすっかり忘れているので、攻略サイトを見て片っ端から探してみるしかない。
覚えている内に全部集めてしまわないと、こうなると余計に時間が掛かりますね。
時間ができたらまた最初からやり直してみたいなあ!

あんまり描いてないですが実はエゼロはシリーズ中でも5位には入るくらいに好きなキャラです。
呪いにかけられて弱体化してひねくれてしまったえらいひとという点ではミドナとよく似ているといえますね。
ナビィや魂ゼルダのように親切に積極的にサポートしてくれるのもいいけど、多少主人公をこづき回すくらいのくせ者であった方が最後の離別がより寂しくなって思い出深いキャラクターになる気がする。
最後の最後に本当の姿に戻って、出会った頃とは打って変わって静かに二度と会えない場所に去っていく姿はなかなかにこたえるものがあります・・・。


しかしばあちゃん、赤獅子の王、エゼロ、シーワン、ニコじい・・・
なんで猫目リンクにはばあちゃんやじいちゃんが似合うのか。
時のオカリナの子リンクにもデクの樹というじいちゃんが一応いるけど特に似合う気はしないのに。
ちょっと思い返してみると、4つの剣シリーズを除くすべての猫目リンクのタイトルは木版画やステンドグラスや紙芝居で昔話を語るところから始まってるんですよね。
その演出が「昔々あるところにおじいさんとおばあさんが~」な雰囲気を出して、日本昔話的な主人公というイメージをなんとなく背負っているんじゃないかと思いました。
子供っぽさを強調した猫目リンクのデザインがよりそう感じさせるのかも。
考察していけばプエルとセネックスだとかいろいろ出てくるんでしょうけどとりとめがないからやめておこう・・・。

風のタクトが発売されて遊んだのは12歳まで3ヶ月という冬で、当時はプレイしながら「猫目リンク12歳のわりに子供っぽすぎるだろ」と思っていましたが、
歳を取るにつれて「ああ、12歳ってこんなもんだったよな」と思うようになってきました。
私も老いたものです・・・。



前の2つの記事に拍手どうもありがとうございました!
今週は課題の大詰めです。
このまま段取りよく進めばそう悪くないものができるはず・・・!
週末まで潜って頑張ってきますー。


EDIT  |  23:34 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011.10.24(月) 13:27 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。