09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.08/28(Tue)

みっかめしゃしんをとりまくり 

MIDI ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル「光よ・・・!」追加しました。
悲劇のリルティ、黒騎士のイベント時に流れる曲です。
やっぱり生演奏の曲は似せられませんね・・・。

3日目です。写真がかなりの数なので文章少なめに。

8月12日

AM8:15 叔父さんが運転する車に乗ってジヴェルニーのモネの庭に向かう。
高速道路からはずっと広大な畑が見える。
山がないなあ!どうしてこんなに広く土地をとれるのだろう・・・。

DSCF0114.jpg

DSCF0115.jpg

DSCF0116.jpg

モネの庭に到着。

DSCF0120.jpg

DSCF0123.jpg

DSCF0122.jpg

DSCF0125.jpg

DSCF0124.jpg

DSCF0126.jpg

DSCF0127.jpg

DSCF0128.jpg

DSCF0130.jpg

DSCF0131.jpg

DSCF0133.jpg

DSCF0136.jpg

DSCF0137.jpg

DSCF0134.jpg

DSCF0140.jpg

DSCF0141.jpg

DSCF0142.jpg

花の配色や植え方がきれいだった・・・
有名な睡蓮の絵やよく見る庭の絵はここで描かれたのだと思うと感慨深い。
庭の中に川が通っているのに驚いた。流れる水があるなんていいなあ。
昔実家の庭にビオトープを作ろうとして、話が立ち消えになったことを思い出す・・・(笑)

2時間ほど見学した後庭を出て、近郊を探索。

DSCF0144.jpg

道沿いにあったおしゃれなギャラリー。

DSCF0145.jpg

DSCF0146.jpg

民家の庭(?)に父娘の砂の彫刻が展示されていた。大作だ。
ずっと展示できているということは、この辺りはあまり雨が降らないんだろうか。

DSCF0147.jpg

モネ一家の墓がある教会。
10歳になったばかりのいとこの弟がネスに見えて仕方がない。

DSCF0150.jpg

DSCF0154.jpg

次はオヴェール・シュル・オワーズ、ゴッホ終焉の地へ。

DSCF0156.jpg

DSCF0157.jpg

ゴッホが最後に住んでいた部屋がある家。
ゴッホが借りていた2階の屋根裏部屋は見学できるようになっている。撮影は禁止だった。
本当に狭い天窓の部屋にベッドがあるばかりで、なんともやるせない気分になった。
昨年とった授業で作品と一緒にゴッホの生涯を追っていったのでわかったのだが、ゴッホは巷で言われているように狂ってなどいなかった。
ただ行く先々で運が悪かったのだと思う。
そして自分はゴッホは狂って自殺に至ったのではないと思っている・・・。
助けたくなる人だ・・・。

DSCF0158.jpg

オヴェールの教会。同名の絵が看板になって傍らに置かれている。
この絵を描いたときの心境を思うとまたなんともいえない気持ちになる。

DSCF0162.jpg

DSCF0163.jpg

内部は意外に広くて涼しい。

DSCF0169.jpg

ゴッホと弟テオの墓がある墓地へ続く道。

DSCF0170.jpg

DSCF0171.jpg

墓地からの眺め。広い丘の上にあった。

それからはまたパリ方面へ戻って、サン・ドニ修道院へ。
殉教してからも首を持って歩きつづけた聖人ドニがとうとう力尽きた場所に建てられたという。
フランスの歴代の王と王妃の墓所でもある。

DSCF0172.jpg

DSCF0173.jpg

DSCF0174.jpg

DSCF0175.jpg

DSCF0176.jpg

DSCF0178.jpg

DSCF0180.jpg

DSCF0182.jpg

DSCF0185.jpg

DSCF0184.jpg

ステンドグラスがとても立派。
床に映る影も虹色で美しい。

DSCF0186.jpg

DSCF0187.jpg

DSCF0188.jpg

DSCF0192.jpg

DSCF0193.jpg

DSCF0194.jpg

DSCF0195.jpg

DSCF0196.jpg

DSCF0197.jpg

生前の姿をかたどった見事な彫刻が横たわる棺があったり、地下の王家の墓にも入ったのだが、なんとなく気がとがめて写真は撮らなかった。
ルイ16世やマリー・アントワネットの墓石もあった。

最後にラ・デファンスへ連れて行っていただく。
旧市街とは全く違う近代的なショッピングモールだった。
写真はこんなに明るいがもう閉店の19時が近く、店はあまり見ては回れなかったが違った雰囲気を感じた。

DSCF0199.jpg

DSCF0201.jpg

DSCF0200.jpg

新凱旋門。
この向かい側に凱旋門があり、その直線上にはコンコルド広場のオベリスクがある。
すごい都市設計だ。

夜はいとこの家族と一緒に、昔パッシー駅だったというレストラン「la gare」でお食事。
駅のホームの構造をそのまま残した内装がおもしろい!
あまり入りそうになかったのでシーザーサラダを注文したら、ものすごい量が出てきて食べても食べても減らなかった・・・。
今日のことやこっちでの生活やお土産相談、いろんな話をして楽しい時間を過ごした。

DSCF0202.jpg

この日は家族一同大変お世話になりました。ありがとうございました!

や、やっと3日目が書き終えられた・・・。
これで残るはあと2日分、ここまでくればもうすぐです。

EDIT  |  02:33 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |