06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.01/21(Mon)

にちようだいくとかしている 

MIDI ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣「戦支度」追加しました。
出撃準備画面のBGMです。勇壮な中にも緊張感を感じる雰囲気の曲。
いつも聴くことになるこういう画面のBGMは飽きることが多いものですが、この曲は気に入ったためそういうことがありませんでした。
しかしなーんか音が足りてない気がしてならない・・・気付いたときに修正しておきます。


diy.jpg
日曜大工楽器を作るの巻

半年に渡る卒業制作もようよう最終審査・講評と完了し、ほっと一息です。
自分の作ったのは手っ取り早く言えばハープ系の楽器でした。と言っても落書きの図とは全く関係ないです。
今の自分の力の限界から妥協した点も少なくなく、出来に満足かと聞かれては決して頷くことができるものではありませんでしたが、
奨励賞なるものをもらえたので目指す方向性は悪くないのだと受け止めておきます。
次こそは完璧なものを作り上げて認めさせてくれよう。

今回の制作にあたっては自分の短所や性格、譲れないものなどなど、自覚の無かった自身を顧みるよい勉強になりました。
一番痛感したのは、今まで自分の仕事がどれだけ雑だったかですね。
今過去の制作を見返してみると、もう目も当てられないほどです。
それに気づけてよかった。
でなければこの先もずっと同じレベルのものしか作れなかったことでしょう。

3月には学内展・学外展がありますので、また近づいた頃にはお知らせしようと思います。
この際身バレとかどうでもいい。
関東圏にお住まいで興味を持たれた方は見てやっていただければ嬉しいです。



ぉおお・・・わくらばマサキさんすごいお葉書をいただいてしまい恐縮です・・・!
明日また実家に戻ったときに直接拝見するのが楽しみです!
そして長らくお待たせして失礼しました、追記にコメントのお返事です。
イムさんどうもありがとうございました+


【More・・・】


イムさん
イムさんお久しぶりでございます!
とは言っても、実はいつもサイトの方覗かせていただいています・・・!
このたびはコメントありがとうございました^^

迷いの森のBGMは最初のステージにしては暗めな雰囲気で、自分が魂の証明を初プレイしたときの印象度に深く関わっていたような気がします。
主人公は喋らない分、BGMにストーリー上そのときそのときの心情が現れているように感じたのですよ~。
例えばMIDIページにもありますがトロイに入ったときのBGM、なんでアキレスたちとも再会できてちょっと心強いと思うのにどこか寂しげな曲調なのかなと思っていました。
そしてその後のイベントで「運命の女」の意味が明らかになってアキレスが退場してしまったとき、また流れ出したこのBGMを聴くと、なるほどこのイベントがあるせいだったのか・・・としっくりきた覚えがあります。
そうですそうです、迷いの森のBGMはイピクレスが退場して主人公が人形疑惑が浮かんだときのフィールドでも流れていました。
ロコスの「おれ、主人公までお休みになるのは嫌だよ!」には本当に同感でしたねえ・・・。

主人公の正体については、自分は全然予測が付きませんでした。
だから人形疑惑が出て、ヘラクレスに触れたらエーテルになって消えてしまうのでは・・・と言われたとき、ヘラクレス近い!寄るな寄るな!!と勝手に慌てていました(笑)
ああ、確かにメッセージウィンドウが空!そうかこれも伏線と言われればそうですね・・・!
まだ物心もつかないような昔々にギリシャ神話の絵本をよく読んでいまして、特にその中にあったダイダロスとイカロスの話のやりきれなさには子供心に感じるものがありました。
そのために最後に主人公が何者かわかったときに、お前かー!!!とすごいショックを受けたのでした。
何も喋らない、押しに弱い、防御が得意な地味な主人公ですけど、自分の中ではゲームの男主人公としてはもしかすると一番好きなキャラクターかもしれないです。
なぜそんなに思い入れがあるのか自分でもよくわからないんですけど・・・。

ヘラクレスの栄光Ⅲもシナリオライターさんが同じらしいですね!
それを知ってからいつか必ずと思い続けています。
Wiiじゃなくて3DSでできたら今すぐにでもプレイし始められるのになあ~!

過去の自分のことはもう・・・考えただけで消えてしまいたくなります////
人一倍奇行を繰り返してきた人生ですから!!
わりと本気で、記憶喪失の主人公たちを羨ましく感じたりするのです・・・。
しかし、「自分でもたまに思い出すくらいだから、まして他の人は思い出すことはないだろう」!これはこちらが目から鱗のご意見でした!
うん、そうかも・・・きっとそうだ・・・そうであると信じたいいや信じよう!
少し心が軽くなりました、貴重なアドバイスありがとうございます!


つい長々と失礼いたしました!
マイナーなゲームの話題に反応があるとものすごく嬉しいですね(笑)
今年もよろしくお願いします、どうもありがとうございました^^

EDIT  |  20:56 |  日常  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2013.01.22(火) 21:54 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。