04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.10/18(Sat)

おもいでばなしとリメイクと 

Pennulaに旅行メモ「沖縄展示&旅行2014」追加しました。
沖縄と聞いて連想するようなきれいな景色の写真とかはほとんど無いんですけどそれでもよければ・・・。


latis.jpg
救助隊でのラティの印象

ポケモンαΩの情報が更新されていってますね。
最近のポケモンの、あからさまな人気ポケモン限定の優遇に辟易しているのとリメイクなのとでスルーしようと思っていたのですが、やっぱり気になってきた。悔しい。
今の自分はストーリー厨とでも言うべきプレイヤーになりかかっているので、もう知っている話をまたやり直すのはしんどいなと思っていたけど、ラティアスラティオスを見ると色々懐かしくなってくる。
実は自分の初ポケモンはサファイアなのです。11歳のときか。意外と遅いですよね。
これでサファイアファイアレッドパールソウルシルバー→ホワイト→ホワイト2→YαΩ、となり1周してきたことになるのです。

サファイア当時はタイプ相性もろくに頭に入れず、とんでもないことを色々やっていた気がします・・・
もう初プレイデータは消してしまって残ってないのですが、確か殿堂入りの記録は19時間、実質バシャーモLv.51とカイオーガLv.50の2匹だけで後はレベル10前後の秘伝要員ばかりのごり押しもいいとこでした・・・。
ある意味すごい。まるで縛りプレイのようだ。
殿堂入り後にいきなりラティアスに遭遇したときは驚いたっけ、こいつ映画で見たやつだ!って。

そうそう、サファイア購入の動機づけとして大きかったのが2002年のポケモン映画だったのです。
その頃はまだゲームもやらずアニメもチャンネルが映らず、ろくに知らなかったくせになぜか毎年ポケモン映画を見に行っていたのですが、あの映画を気に入って特集雑誌を買い、その中のルビー・サファイアの広告を見て興味を持ったのでした。
水の都の護神、ストーリーはあれですが音楽や雰囲気や舞台が魅力的で今でも印象に残っています。
でも今wiki見てみたら興行収入は歴代最低だったんですね・・・津波のシーンがあるから今となっては推されないだろうしなあ・・・。なんかもったいない作品。


EDテーマのこの曲いいですよね。
舞台のイタリアな雰囲気を取り入れつつ、ラティアスラティオスのキーワード「夢幻」が入っているし、ラティオスから一人残されたラティアスに宛てたメッセージとしてもちゃんと成り立っているし、アニメくさくないし。
他のどのポケモン映画の主題歌よりも、きちんとこの話のために考えて作られていると思います。

それでどうしようか、やっぱりまんまと買ってしまうのか。
もう図鑑完成とかいう気力は既にないので、自分にとってのポケモンの楽しみは短くてもストーリーを追うこと、ポケモンに出会うこと捕まえること、好きなポケモンだけをただ育てることくらいなんですけどね。
人間模様とかは興味ないのでジムリーダーの新ビジュアルとか新人間キャラとかはわりとどうでもいいし、対人戦に向けた厳選や育成論は元より全くやる気ないのですが、それでも楽しめるのでしょうかね。
不思議のダンジョンの方でまた新作出ないかなと思うのですが、チュンソフトが合併してからやりにくくなったのかなあ?
また外伝ばっかり期待する邪道プレイヤーなのでした。


拍手どうもありがとうございました!^^
最近こっちがあまり更新できなくて申し訳ないです。
「あいつ全然顔出しやがらねぇ・・・」ってときは大体オリジナルの方で更新しているので、そちらも時々覗いていただけたらと思います。


EDIT  |  20:59 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。