10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2019.05/18(Sat)

ことのてんまつみとどけて 

3月に何か更新していた気がしていたのに2ヶ月空き⁉︎
あっという間にだいぶ間が空いてしまってました。春は気ぜわしくて時間が経つのがすぐですね…
連休は掛川花鳥園でエミューにおやつを貢いだり、長らく気になって仕方がなかった岐阜県の養老天命反転地に行ったりとあちこち回れて愉快な日々でした。また行きたい場所が増えた。
もうだいぶ経っていますが、一次サイトにこの冬のイタリア旅行日記を追加しましたので暇つぶしにでもどうぞ。


detective_p_crisis.jpg
一度言ってみたいセリフである

今をときめく「名探偵ピカチュウ」を観てきました。
観たのは字幕ですが、吹き替えのローカライズがどうなっているのかも気になるのでそっちも観そうな気がします。
以前の記事でも書いた通り、3DSのパッケージ版より前に出た3章まで収録の「名探偵ピカチュウ 新コンビ誕生」はプレイ済みでしたが、パッケージ版は未プレイなので、設定や物語の流れは途中までしか知らない状態での映画鑑賞でした。
以下ネタバレにならない程度の感想。

ざっくり言えば設定や物語は結構大味でツッコミどころ色々(笑…)でしたが、映像表現はさすがのハリウッドという感じでした。
ポケモンのフォルムはもっと頭と目玉が巨大な原型を崩して元ネタ生物に寄せてもいいと思いましたが、そこは株式会社ポケモン側からストップがかかったのだろうか。
中には不自然なアニメ式のポケモンの名前鳴きもあって拍子抜けしましたが(コダックはアヒルの鳴き真似とかでいいだろうよ)、そこまで耳につきはしなかったかな。
構成の都合上ゲームと違ってピカチュウが探偵してない点はそっとしておくべきか…個人的に一番気に入ったのはバリヤードの場面です!
ゲーム中でも薄々予想してはいましたが、おっさんピカチュウはやっぱりそうなのかという感じで、この映画が答え合わせということになるのでしょうかね。
数年前にNHKのポケモン製作陣のドキュメンタリー番組内で目にした、表情キャプチャーの実験で生まれた悪い顔のピカチュウがおっさんピカチュウとして世に出たのを見、それを原作にしたハリウッド実写映画の制作が発表されたのに驚いた、その経緯があったのでなんとなく見届けた感があり満足です。
普通におもしろく、観ておいて後悔はしないのではと思います。
そして自分はゲームの未確認ストーリーが気になりだしてしまったので、パッケージ版もいずれ買ってクリアしたいと思いました。思う壺だな!


話は変わって、今更に、実に今更ながらSplatoonが気になって仕方がなくなってきています。
Wii:Uであった発売前の試遊イベントには参加していたもののなんとなく乗り遅れたまま手を出さず、Switchも発売から1年以上経ってから手に入ったくらいだったので2も持っていないのですが…。
実家で弟が持参していたSplatoon2の様子を見たり、ハイカラウォーカーを広げつつ勧められたりの布教を受けて、やっぱり面白そうな世界観だよなと開発インタビューを読み、プレイ動画を見、情報を調べて回ったり…
 →5/20 結局とうとう2を買いました
  →5/25 ヒーローモード・DLCともクリアしました。後日別記事で感想書くかも

ポストアポカリプスでフューチャーイズワイルドなことは知っていて興味は持っておりつつも、全体に漂うティーン向けっぽい陽の気に馴染めなさそうかな〜などと思っていたのですが、オクト・エキスパンションで見られる薄暗さともののあはれとポエトリーに惹かれてしまった。
明るいヒーローモードも面白かったし、それとは対照的に暗めで内的、でもここぞという場面では情熱的なDLCも印象に残りました。
自分に待ち受ける運命も知らずに、暗い海底でいつしかと夢見ている囚われの蛸…はぁ〜いとあはれなり!
任天堂がたまにやる、ゲーム開始時に物語を総括・体現したような短歌が流れる演出が好きなのですが、ここでもなんとうまく使われていることか。
京都という立地、カルタ会社という歴史をフルに生かした憎い演出です。
王道SF、日本文化、滑稽な残酷さ、哀愁、無常観、詩歌、韻文、オマージュ、ノスタルジー、音楽……教養人の仕事にしびれるぜ…!
芸術や思想の表現メディアとしてのビデオゲームの可能性を感じました。
年取って、だんだんと遊びそのものよりも世界観や物語や思想の表現の方ばかり注目してしまうようになりましたが、ゲームバランスとしてもすごいよなと見ていて思います。
仕事でSplatoonに関する企画絵を描く依頼が回ってきたときには、もしプレイしていればノリノリで楽しんで描けていたろうに!と悔やみながら、職場にいたプレイヤーにネタ出しを協力してもらったものでした。
ただでさえ今の自分にはついていけるかわからないテンポの早さのゲームで、過去作のネタがわからないもどかしさも大いにあろうと思いますが、次回作が出たら今度こそは発売日から始めてみたいなと思っているのでした。


前の記事に拍手とコメントをどうもありがとうございました!
遅くなりましたが追記にコメントのお返事です。

【More・・・】

柿森さん
かなり間が空いてしまって失礼しました、コメントありがとうございました!
こんな落書きに嬉しいお言葉ありがとうございます;;
あんな昔の投稿イラストまで覚えてくださっているとは!いやはや、恥ずかしながらも嬉しいです。
今はもっと便利そうなアプリが沢山ありそうだな〜と思いながらも、デジタルはずっとPhotoshopを使っておりますねー。
仕事でデジタル絵ばかり描く生活が続いたので、すぐ修正ができるデジタルの方が楽な場合が多いということでそんな感じなのですが、またアナログの練習もしたいものです。

好きだったシリーズがもはやレトロゲー現象で寂しいですね〜…
スタフィーは毎作オリジナルアニメCMかつ新人タレントの主題歌付きで妙に宣伝に力が入っていた印象があります。
歌った人々も今やベテランですね。隔世の感があります…!
Switchじゃなく3DSでGBAのソフトを遊べるようにしてほしいんですが、なぜかそうならないので昔のソフトを遊ぶ敷居が高いです。
確かに、スマブラを機に過去タイトルを遊べるような環境ができたらありがたいですね。

どうもありがとうございました!


EDIT  |  02:20 |  日常  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |