10月≪ 2019年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2019.07/06(Sat)

みなもにうつるなつさかな 

今回描いた絵のサイズが大きめになったのでせっかくだしと本部TOP絵を変え、イラストページにも追加しました。
それからファイルを整理したらここの落書きが10枚以上溜まっていたので、日記絵ログ23も追加しました。
なんと一番目の絵は2年前という…しかも今回描いた絵に構図がそっくりでした。成長が感じられない…
久々に本部を開いてみたら色々なものが古すぎて、これらをどうしてくれようという気持ちになりましたが、今はあまり深く考えず淡々と保持しておこうと思います…。
このサイトも地味に開設15年を迎えました…作った当時の自分の年齢を越したのは今年いや去年だったか…。
ということはもう半生以上これに関わっているのか‼︎
自分はもはやれっきとしたインターネット老人世代なのでは?
おぉこわいこわい…
marine48.jpg
マリン頭足ガールズ

青ゲソにマリリンハットとイカセーラーの組み合わせが夏っぽくて良いなと思ったので。
最初はイカに着せていたのですが種族的にタコの方が制服とか好きそうだと思ったので変えました。
ゲーム内の一通りの遊びをやってみて、オンラインの対人対戦やサーモンランの協力プレイももちろん楽しいし熱中できるけれども、一人で黙々とヒーローモードやオクトをやっていると心の安らぎを感じる、基本やっぱり自分は単独行動アドベンチャーが好きなんだなと感じたことからの「We live for adventure」でした(爽やかな語感からは感じるべくもない内向性)
これまでインクリングのことは悪げな顔しとるな〜という印象が強く、かわいいと思ったことはなかったのですが、実際にプレイしてみてこれがイカであると認識した後からはカワイーな…と感じるようになりました。若い元気な生き物を眺める感覚。
ヒーローモードでよく聞ける、語尾が伸びるマメミンミーッて声が好きです。サーモンランをマニューバーでクリアした時のポーズとかもすごく嬉しそうで見ると笑えてくる。
自分は人外の人外たる特徴を愛すタイプなので、Splatoonのイカ・タコに関してはあんまり人間のような内骨格に筋肉!って感じの造形じゃなかったり、胸とかヘソとかない方が好きなんですが、ちょっと過激派めいているのでそういうの語るのはやめとこう。


発表からもう結構経ちましたが、E3ありましたね。
・ゼルダ2作とも方向性が違いすぎて楽しみです。
ブレスオブザワイルドは続編ときたか、時のオカリナからムジュラの仮面の流れを思い出しました。
せっかく組み上げた世界観やシステムを新作ごとに全とっかえするのはもったいないと思っていたので、素直に楽しみです。大地の汽笛並みにリンクとゼルダの協力要素が大きくなるか?
夢をみる島はいい感じにダンジョンやイベントの記憶が抜けているので新鮮な気持ちでプレイできそうです。

FE風花雪月は意外と発売日が近かった。
月単位の授業編成育成システムに冠を持つ神の手が思い出されます。
そんなに育成に自信ないのとあんまり自分好みの変キャラがいなさそうに見えるのでどうしようかなと思っていますが、早かれ遅かれ手にはとる気がしています。
すっかり緑髪キャラはみんな竜かと疑いの目で見てしまう癖がついた。

どうぶつの森のような終わりがない時間経過ゲームにはもう手を出さないだろうな…
でもシリーズのレギュラーNPCのプロフィールは気になり続けています。
どこかでまとめられたりはしていないんでしょうか?
おいでよどうぶつの森のランダム発生会話イベントは、NPCの意外な面やわりとリアルな経歴を垣間見られて印象深かったので記憶に残っています。
たぬきち・つねきち・あさみが35歳の同期で、都会に出たたぬきちがつねきちに裏切られて(?)夜逃げして帰ってきて、立ち直るまでを見ていたあさみの話とか。
初老だと思っていたフータが実際はギリギリ20代で、都会の大学院生だったけど学芸員資格を持っていたのでお前行ってこいと半ば不本意に田舎の博物館に送り出されたという過去とか。
子供の頃に遊んでいた時には気づかなかったけど、どうぶつの森はいろんな人間の擬獣化なんだなとおもしろく思ったものでした。実はターゲット大人なゲームでもありますしね。
DSのおいでよ以降は一瞬だけ触っていたスマホ版以外シリーズに触れていないんですが、そういう掘り下げが聞けるのなら気になるかもしれません。


先月末に学会での発表を終えて、今はちょっと心のゆとりができた所です。
ちゃんと書いてなかった気がしますが、今自分は会社を出てまた大学に戻ってきているのです。
今年学芸員の資格も取るので、まさに上で書いたどう森のフータに似てきているような…
ここまできてしまったら誰よりもクレイジーな生き方をしてやるぜくらいの意気で、色々と道を探ってみようと思っている次第なのでした。
EDIT  |  19:22 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |